通信制高校私立と公立の相違点:卒業率

通信制高校:私立と公立の相違点について

通信制高校私立と公立の相違点:卒業率

通信制高校の私立と公立では当然、私立の方が学費は高くなる傾向がありますが、公立通信制高校よりも、私立通信制高校の方が非常に優位な点を説明します。

卒業率は私立通信制高校の方が高い
通信制高校の基本は生徒自身が主体となって学習を行う自学となりますので、どうしても勉強についていけない・自分で勉強のペースがつくれないなどの弊害があります。
サポート校の利用でこの問題を解決することも可能ですが、私立の方がバックアップ体制やかゆい所に手の届くサービスが充実していることが卒業率の高い要因に挙げられます。

通信制高校といえども、私立であれば経営の安定化のためにも、まずはより多くの生徒が集まる人気が必要です。そのため、特に私立通信制高校では高校の勉強はもちろん、その他魅力的なコンテンツの拡充に力を注いでいます。当然、卒業率が高いという部分でも人気が左右されますので、公立通信制高校に比べ必然的に私立通信制高校の方が卒業率が高くなるのです。

ただし、卒業率が高いという理由のみで私立通信制高校を選ぶ場合にも注意が必要となります。
それは私立通信制高校にも卒業に向けたクオリティにもバラつきがありますので、必ず通信制高校選びには資料集めが重要となります。
情報は多ければ多い方が不安点の解消に役に立ちますので、資料請求はもちろん、可能であれば学校説明会への出席が望まれます。

通信制高校ガイドサイトトップへ