正式な高校:通信制高校

通信制高校の存在

正式な高校:通信制高校

通信制高校は国により認められた高校の形態となっています。
パソコンスクールや英会話の様な学校ではありません。もちろん通信制高校卒業後は、大学へ入学することもでき、通信制高校卒業とともに学歴は高卒となります。
また、社会生活において「高卒以上」という様々な障壁をクリアすることができます。

通信制高校での学び方

全日制高校・定時制高校のように学年ごとによるすみわけがある学年制ではなく、通信制高校では単位制を採用しています。
そのため、単位を取得できなかったとう理由で進級できなくなってしまうということはありません。留年というものがないのです。
ただ、ここでの注意点としては、通信制高校の場合、卒業が先延ばしになっていきますので、卒業までに3年間以上を要する場合があります。

通信制高校の学び方の基本

通信制高校の最大の特徴としまして、生徒自身が主体となる自学自習があります。
ただ、この自学に不安がある場合には、通信制高校と並行してサポート校の利用も可能です。事実、サポート校の利用で通信制高校卒業という目標到達を容易にしてくれますので、利用を検討するのもよいでしょう。

通信制高校卒業までに必要なこと

・3年間以上の在籍期間(就学年数)
・74単位以上の取得(必修科目含む)
・特別活動30単位時間の出席
の上記3要件を満たすことにより卒業となります。

単位の取得方法

・教科ごとのスクーリング(面接指導)
・教科ごとのレポートの提出(添削指導)
・定期テストの合格
の3項目をクリアしていくことで単位を取得していくことができます。

通信制高校各校には様々な特色があり、強みがそれぞれにあります。また、スクーリング日数に関しても各通信制高校によって実施形態が違いますので、こういった部分も学校の選定の重要な要素となります。

こちらの記事もご覧下さい↓
通信制高校入学の条件・方法

通信制高校ガイドサイトトップへ