通信制高校の学費について

サポート校利用

通信制高校にも公立と私立があります。
当然、通常の全日制高校と同じく公立高校に比べ、私立高校の方が高校に通うための費用が高くなります。
公立、私立(私立の場合、一部高校では利用できない場合があります)にかかわらず、授業料の一部または全額を補助してくれる『高等学校等就学支援金制度』という支援制度がありますので、志望している通信制高校に利用できるか?できないのか?、申請用紙は学校に用意されているのか?否か?を通信制高校側の担当者に訪ねてみてください。
『高等学校等就学支援金制度』を利用不可ということであれば、新たに志望校を選定しなおす方が得策といえるでしょう。

通信制高校の学費について

基本的には取得希望単位数によって学費が変わってきますが、これは1単位につき何円という算出方法に由来します。
当然、多くの単位取得を目指しているのであれば、学費も上昇するというものです。

公立通信制高校の学費

私立に比べ、公立通信制高校の方が費用を格段に安く抑えることができますが、反面、生徒側に立った細かなサービス、融通のききやすいフレキシビリティ、利便性が劣るといわれています。ただし、高校の勉強のみで、しっかりと卒業を見据えたやる気さえお持ちであれば良い選択ともいえます。
あくまで一例であり、大まかな参考地でしかありませんが
公立:(例)
○ 入学料    8000円
○ 受講料/年  15000円
○ 諸経費/年  15000円
○ 教科書代金等  500円
実際の費用については直接志望する通信制高校に確認してください。(上記は実際の学費を表したものではありません。)

私立通信制高校の学費

例を用いてご紹介することができません。それは私立通信制高校各校の特色(専門教育や部活など)はもちろん、生徒によっては週に1日だけの通学や週5日の通学形態の選択によっても変わってきますので、まずは、通う生徒自身や親御さんがどのような通学形態を選択したいのかをある程度イメージする必要があります。
当然、ネットでのみの通信制高校の情報集には限界がありますので、気になる通信制高校があれば学校説明会への出席やパンフレット。資料請求をする必要があります。
公立の通信制高校では得ることもできない様々なメリットなどに関しましても各校によって違いますので、ぜひ検討してみてください。

サポート校の利用

通信制高校のみでの高校卒業に不安を抱えている場合には、通信制高校の学習、卒業までの様々なサポートが得られるサポート校の利用が有効です。
こちらのみで高校卒業資格絵を得ることはできませんが、卒業までのバックアップ体制の強化をすることができます。
ただし、サポート校の利用には通信制高校とは別に費用が発生しますので、利用に際しては通信制高校と同様に情報収集と比較検討が必須といえます。

通信制高校ガイドサイトトップへ